本文へスキップ

山手心理相談室は大阪市中央区の心理カウンセリング・SSTルームです。

うつ(病)と新型うつHEADLINE

どこか変わっているうつ

従来のうつの診断基準には2つの症状が定義されてい
ます。いずれかが存在することが、 「うつ病」という診断
を受けるために必須だったのです。   

   


ところが、このイメージとは異なるタイプのうつが出てき
ました。これにはまだ明確な定義があるわけではないの
ですが、たとえば、休職中であるにもかかわらず旅行や
スポーツクラブなどに出かけることにはまったく問題がな
かったりする方です。

言い方はおかしいですが

 ●仕事のときだけうつ状態が発生する
 ●休職中上司や同僚に迷惑をかけている感覚がない
 ●自分は「うつ」だと公言しても平気
 ●うつになったのは会社や同僚のせいだと考える

これらの症状を訴える方が増加してきたため、従来のケ
ースに該当しない方を総称して「新型(非定型)うつ」と称
しています。

典型的なパターンとしては、仕事上のストレス(弱いもの)
をきっかけに「うつ病」という診断を受けるケースです。

この場合精神科医などは、抑うつ気分が(会社に限定
されているとはいうものの)存在しますから、うつという診
断を下さざるを得ません。

ところが、本人はいたって元気。休職中も趣味だけは続
けたり、旅行に行ったりしていますが、さあ復帰という問
題になれば病状がぶり返すなどグズグズし、有給休暇
を繰り返すのです。永遠に休みを取り続けることはでき
ませんから、いずれは退職することになるのですが。

心理の専門家ではない人事関係者などには、対応に苦
慮するあまりに自分がうつになったりする場合もあって、
笑っていられないというのが現実です。