本文へスキップ

山手心理相談室は大阪市中央区の心理カウンセリング・SSTルームです。

適応障害HEADLINE

適応障害とうつ

適応障害は、ある特定の状況や出来事(たとえ
ば、昇進・転勤・結婚・同居・海外勤務など)が、
当事者にとってとてもつらく、耐えられないと感じ
られること。また、その状態の持続によって気分
や行動面にさまざまな症状が現れてきます。

   


それらのストレス要因により、日常生活や社会生
活、職業・学業的機能において著しく停滞が発生し、
一般的な社会生活ができなくなるストレス障害で
す。

たとえば以下のような症状です。

*涙もろくなる
*過剰な心配・不安・抑うつ状態
*すぐに怒りが出る・無謀運転
*焦燥感
*頭痛・腹痛・倦怠感・慢性的な疲労感
*不眠や仮眠
*食欲不振
*昼夜逆転


うつなどと同様の症状もありますが、環境に適応
できない場合を適応障害と呼んでいると考えてく
ださい。ストレスとなる状況や出来事がはっきりし
ているので、その原因から離れると症状は次第に
回復します。

しかし、ストレスの原因(ストレッサー)から離れら
れない、あるいは取り除けない状況(原因が職場
の上司であったり、学校の先生であったりする場
合など)では症状が慢性化することもあります。

どんな場合でも同じですが、症状を自覚したら、
早めに医師の治療やカウンセリングを受ける事が
大切です。

適応障害がもたらす日常生活の停滞

成人の場合、職場で強いストレスを感じる・職場に
行くと体調が悪化する・集中力や判断力の低下か
ら仕事が思うようにが進まない・倦怠感が取れない
といった現象が発生します。

特に
主婦の場合では、家事をする気が起きない・
部屋を片付けられない・子供を放置するなどの現
象が起こります。適応障害という現象はストレスが
原因であることが多いため、そのストレッサーを取
り除くと症状も回復する場合が多いのです。


適応障害のカウンセリング

<適応障害>という現象はさまざまに分化します。
まず症状を引き起こしているストレッサーに気がつ
くかどうかが早期発見・早期回復につながります。

そして、そのストレッサーが排除が可能なのか・可
能ならばどのようにすべきか、不可能ならばどうす
るのかという設計図を描けるカウンセラーを選ぶこ
とが大切です。

山手心理相談室の現実的カウンセリングは、こ
の点を最も得意としています。選択肢をどれだけ
見出し、一人一人に適合した改善方法をご提案
できるかが大切なポイントです。