本文へスキップ

山手心理相談室は大阪市中央区の心理カウンセリング・SSTルームです。

夫婦問題とセックスレスHEADLINE

愛情がないパートナー?

セックスレスの厳密な定義は

『病気など特別な事情がないのに、1か月以上
性交渉がないカップル』


   

となりますが、通常は一定期間性交渉がないカップ
ル(結婚していなくてもある程度交際期間があるカッ
プルもやはりこの問題が出てくるケースも多いです)
のことをさしたほうが適切だと思います。

それほど、夫婦間のセックスレスについては最近と
ても悩まれている方が多い問題です。原因としては
身体的要因と精神的要因が考えられます。

身体的要因

こちらは、EDや生理痛などの問題がメインです。基
本的に婦人科や泌尿器科で対応したり、内科扱い
での糖尿病などという多角的な面から関わってい
かなくてはなりません。

EDとは「勃起機能の低下」を意味し、英語でいえば
「Erectile Dysfunction」日本語で「勃起障害」あるい
は「勃起不全」と訳されます。そのような言葉にする
と、完全に勃起ができない状態ととらえがちですが、
実はそうでもありません。

勃起に時間がかかったり、勃起しても途中で萎えて
しまったりして、満足のいく性交ができないというケ
ースも含まれているのです。

専門的には「性交時に十分な勃起やその維持がで
きずに、満足な性交が行えない状態」と定義されて
います。バイアグラなどの服用で良くなることもあり
ますので、専門医をまずお訪ねください。

精神的要因

セックスレスの問題で一番大きな原因が、パートナ
ーを恋人という観点で見られなくなってしまうことで
す。結婚(同棲)生活が長くなるとまるで自分の兄弟
姉妹のように感じてしまうことがあります。「飽きる」
あるいは「空気のような存在」と呼ぶこともできるで
しょうか。

一般的には「倦怠期」といえる現象なのですが、夫
婦のあり方に問題があり、言葉や行動が原因でトラ
ウマとなっている場合もあります。

別に、パートナーが生育歴(特に幼児期)の中に、悲
しいトラウマが隠されていたり、成長途上での出来
事によってトラウマ生じ、「セックス拒否」という形と
なって現れている場合も考えられます。


さらに、これは見逃されやすいのですが、発達障害
などによる「性的行動能力が低い」というケースもあ
ります。アスペルガーなどの発達障害がもたらす影
響ですね。

これらは逆に作用する(異常な回数のセックスを求
める)などの場合もありますので、ぜひご相談くださ
い。

性格の問題ではありません。

これらの原因は一つ一つが大変複雑で、すぐに改
善できるという簡単な問題でもありません。しかしセ
ックスレスを通じてご夫婦がお互いにもう一度夫婦
の在り方を考えていかれることができれば、お互い
が良い方向へ進むことも可能だと考えられます。

山手心理では、上記のような状況を的確に把握し、
お二人のセックスを含めた夫婦関係が改善していた
だけるようサポートさせていただきます。