本文へスキップ

山手心理相談室は大阪市中央区の心理カウンセリング・SSTルームです。

発達障害HEADLINE

発達障害の改善とカウンセリング

発達障害とはいったいどのような症状なのでしょうか。
「アダルトチルドレンとは違うのですか」という質問もまだ
多いようです。実際には、発達障害は先天的な脳機能
のアンバランスさのために、日常生活に支障をきたした
り、単独では生活できない場合があります。

   


発達障害は大きく分けて自閉症(高機能自閉症を含む)
・アスペルガー症候群・ADHD(ADDを含む)・広汎性
発達障害(PDD)・LD(学習障害)などに分類されます。
(最近は「自閉スペクトラム症」へと統一されつつありま
すが、症状の違いを考えると旧分類の方が分かりやす
いかと思います)

それぞれが相互に関連し、自閉症・アスペルガー症候
群とADHD・ADDはよく「山脈とそこにかかる雲」にたと
えられます。自閉症とアスペルガー症候群は「山」で、
ADD/ADHDが「雲」ということになります。

これは、現在の診断基準が自閉症・アスペルガー症候
群を優先して診断するためにそういう関係が発生してい
るということもありますが、基本的には両者がからみあ
っていることが要因だといえます。


★ちなみに、文部科学省のホームページでは次の
 ように紹介されています。


 LD(学習障害)

基本的には全般的な知的発達に遅れはないのですが、
聞く、話す、読む、書く、計算する又は推論 する能力の
うち特定のものの習得と使用に著しい困難を示す様々
な状態を指すものです。

 高機能自閉症

他人との社会的関係の形成の困難さ、言葉の発達の遅
れ、興味や関心が狭く特定のものにこだわること を特
徴とする行動の障害である自閉症のうち、知的発達の
遅れを伴わないものをいいます。

 自閉症

他人との社会的関係の形成の困難さ、言葉の発達の遅
れ、興味や関心が狭く特定のものにこだわることを特徴
とする行動の障害。

発達障害というジャンルは、単純な病名ではなくさまざ
まな要素(認知の方法・性格・生育歴など)が絡んで発
生しています。

ミュゼ山手心理相談室では、ひとりひとりじっくりとお話
をお伺いして改善を図っています。お悩みの方はお気軽
に声を掛けてください。